安倍首相は、5月3日に改憲派が開催した「第19回公開憲法フォーラム」に送ったビデオメッセージの中で、突然「憲法9条に自衛隊の存在を書き込むこと」を明言しました。
憲法9条1項、2項はそのまま残し、新たに自衛隊を明記することや憲法に「教育無償化」を新たに加えることは「加憲」であり、国民の改憲反対を和らげる狙いが読み取れます。
目先の事や「今」の事だけに心惹かれることなく、憲法は何のためにあるのか、施行70周年の重みを今一度振り返ってみませんか。

 都議選(告示6月23日、投票日7月2日) に向けて、メディアは「小池人気」による様々な動きを伝えています。民進党からの相次ぐ離党者、公明党との選挙協力、生活者ネットとの政策協定など、選挙に勝利するためには何でもありの様相を呈しています。
 有権者は、一人ひとりの候補者が「虎の威を借る狐」でも「自分ファースト」でもないことをしっかり見極め、賢明な選択をしたいと思います。
田中和子の会ニュースでは、都議選の争点の1つとなるであろう、@「築地市場の豊洲移転問題」と、A「都民ファーストでつくる「新しい東京」〜2020年に向けた実行プラン〜」にも掲げている羽田空港機能強化に見られる「羽田空港増便問題」について、2つの学習会からの報告を掲載しています。田中和子の会→田中和子の会ニュースに進みご一読ください。


ブログ:田中和子のたて・よこ・ななめ


動画