小池都知事が誕生し、築地市場の豊洲移転問題、オリンピック・パラリンピック開催会場や経費の問題など、様々な問題が明るみに出ました。今日は復活予算の廃止宣言をしたことが報道されています。政治や税金の使い道がブラックボックスになっていてはいけないことを投げかけ、都民が政治に関心を持つきっかけを作ったことは評価したいと思います。しかし、にぎにぎしく新聞報道されない、介護や保育園待機児解消、男女平等政策などは期待が持てるものではありません。

都議会では、都中央卸売市場会計不認定などという声もありますが、都政をチェックすべき都議会はこの間一体何をしていたのでしょう?
都議会の「ドン」と言われる人と行政、歴代知事の関係がこのような都政と議会を生み出したのでしょうか。選挙公約で、「冒頭、都議会を解散する」と言っていたのは、小池さんではなかったかな?
都政も都議会も体質改善が必要です。特に議会にはよい議会文化を育んでほしいものです。これは文京区議会にも当てはまることです。



ブログ:田中和子のたて・よこ・ななめ


動画