新しい芽吹きに、成長していくエネルギーを感じるこの頃。暖かな春が待たれます。
2月5日、福祉センター及び教育センターの建設に関する区の報告書(案)が議会に示されました。
 当初、区が予定していた「福祉センター及び教育センターは旧第五中学校跡地に民設民営で建設」を大きく覆し、私たち市民フォーラムがこれまで「教育センターは湯島の総合体育館跡地に建設し、子どもたちの療育を行うこと。両センターは区が建設すること」という提案とほぼ同様な案が示されました。福祉センターは区が建設、法人等が施設を設置・運営するという、なんとも複雑な「民設民営」です。「設は建設の設ではなく、設置の設である」が区の言い分。
 そして、私が選挙公約に掲げた「子どものショートステイ」が福祉センターに設けられることになりました。
 「無所属議員では政策実現ができないだろう」という方もいらっしゃいますが、学校統廃合計画の撤回、元町公園の存続などなど、無所属議員だからこそ党利党略にとらわれず、皆さんとともに声をあげ、政策提言することで政策が実現できています。
これからも、しっかり、きっちり、皆さまの声を議会に活かして参ります。